とこまの見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS SDA王滝(42キロ)レースレポート

<<   作成日時 : 2017/05/22 08:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日の週末は初参戦となるSDA王滝に参戦してきました。
MTBのレースイベントとしては去年のシマノバイカーズ以来。
ただ、コースはリアルな林道。さてどうなるか??
画像

 まずは土曜(前日受付)の事から9時に自宅を出発。所々
寄り道(この事は後ほど)をして14時頃に王滝村に到着。
参加されるお仲間の方々に一通り挨拶を済ませてから受付

前日という事でブースがあるメイン会場をぷらぷらして
一旦、駐車場に戻りゴロン。

 夕方には競技説明を兼ねた歓迎セレモニーが開かれ
チョコッと軽食をつまんだ後は平田クリテ等でもおなじみの
BUCYOCOFFEEブースでパスタを購入後、駐車場で夕食。
21時に就寝。
画像

 明けて日曜。レース当日は4時に起床。100キロをガチで
狙っている方々は既に起きていて尚且つスタートにバイクを
並べている。
画像

 6時に100キロの部がスタートしていく選手を
見送ってから自身もスタート。が、実は100キロのすぐ後ろを
42キロや20キロも一緒に出ていったらしく?ガランとした中で
単独でスタート地点まで移動
画像


画像

 移動区間も良い所有りますね
画像

 そして42キロのスタートも大勢の選手を見送ってから
ほぼ最後尾からスタート。

 舗装区間(1箇所めっさ暗いトンネル有り)を無難に走り

いよいよグラベル区間です
画像

 上りはどうだろうと思ってましたが、フロントインナーは28の為
リアを大幅に残して上れている。やはり直前にタイヤを換えた
事が功を奏している(これについては後半で触れます)
 ただ、下りはビビリ・ヘタレ・ど苦手でバンバン抜かれて
上りで抜いた分、下りで行かれる繰り返し。
3本目の上りか?V字コーナーからの激上りは足付き者が
続出。自身もインナーローを使って何とか乗り切る
【ホントえげつないくらいの激坂でした】
ただ、ご褒美も有り・・
画像


画像

 その区間も終わり、後は下っていくだけなのですが、
残り2〜3キロあたりだろうか?倒れている選手がいたようで
(※しばらく下った所でスタッフに声を掛けられた)
どうも前転落車したらしい・・・
 そして、自身は42キロ無事にフィニッシュ
(ノートラブル・ノーアクシデント)
画像

 シマノバイカーズでも紹介していなかったのですが、
MTBはGIANT ATX(アルミですよ)
ほぼ、ツルシなのですが、タイヤをコンチネンタルの
XーKINGに変更。やはりタイヤを変えると走りはガラッと
変わりますね。上りは前のタイヤより進みますしグリップも
しっかりしている。乾いた砂には弱いけれど、今回のような
砂利・石の道には力を発揮してくれました。
クリンチャーでしたが、道を選び段差をいなすようにして
(あとは運が良かった)ノーパンクで走りきりました。
 ブレーキもワイヤーディスクでしたが、下りはしっかり減速
して曲がるよう心掛けこちらも問題なし。あとは下りを含めた
自身のバイクスキルを上げる事ですね。

 また、当日は暖かい超えて暑かった為、脱水気味の方々も
多かったようです。自身は所々にある給水所を活用して
ボトルの水が枯渇しないよう心掛けた事で大丈夫でした。

 14時に会場を後にして18時少し前に自宅着。洗車・洗濯
をしてクタクタ。心地よく寝に落ちました。

※月曜は有給休暇の為、ノンビリします




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SDA王滝(42キロ)レースレポート とこまの見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる