とこまの見聞録

アクセスカウンタ

zoom RSS Mt富士ヒルクライム(3年目の正直?)

<<   作成日時 : 2018/06/11 20:14  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 3年連続で富士ヒルクライムに参加してきました。
過去2回は楽しかった・悔しかったと悲喜こもごも。

3年目の今回はブロンズ獲得。
ただ某スレッドの抱負にシルバー狙いと強気の設定でしたが、
いかにシルバー獲得が険しいモノであるかという現実を知りました。
画像

バイクはコレまでとはガラッと変わりアルミフレーム
(コラテック ドロミテ2015年モデル)
コンポーネントはほぼ105。ホイールは手組の名品
マビックオープンプロ(ハブはデュラ)

 土曜は早めに自宅を出て昼に会場着。
受付を済ませてすぐさま車中泊の準備。17時に夕食
弁当とカップ麺を食べて21時には就寝。

 明けて2時に起床。外は雨がパラッと降るもすぐに止む。
後は4時の開催可否情報待ち。準備を済ませて4時半に
出発。アップは移動で行う。ギアをインナーローでシャカシャカ。
画像

会場は今回から荷物預かりが前日も可能となった為に
大きな混乱も無く順調に。パンク修理用品と補給食を
携えて下山用荷物をスタッフに託す。
スタートまでは時間が有る為、身体を小刻みに動かして
冷えないように心掛ける。
画像

 いよいよ自身の第7ウェーブスタート
計測開始してから自身と同調取れそうな人を探ろうと
するもなかなか恵まれない。この組はブロンズ獲得の
ボーダーライン組になるだろうと予想。しかしながら
ペースが上がらない為、自身のペースで上っていく。
この時点では心拍・脚は問題無し。
後方スタートである初参加組(10ウェーブ以降?)の
速い選手がバンバンと抜いていく。これがシルバー獲るために
必要なペースなのか?と思うと愕然。自身の考えの甘さを痛感。
3合目を過ぎた辺りで異変。心拍は余裕が有るものの脚が回らない。
さらに脚の攣りかけの予兆が有って、去年の二の舞は
避けたいとギアを軽くしてピンチを凌ぎ切る。
ヤバイ山岳スプリットも乗り切り、攣りが終息したラストの平坦を
ゴリゴリ回して、勢いそのままでゴール。
画像

 3年目の参戦で初の1時間30分切り。ブロンズリング獲得。
しかしながら、聞いた情報によるとスチールバイクでも
シルバー獲得している選手がいるという事を知ると
ホント無念・・・だから素直に喜べないんです。
足りない所はガッポリ有るから、しっかり補正して行きたいです。
秋にはフルマラソンも控えているし、ランも並行してやらないとね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mt富士ヒルクライム(3年目の正直?) とこまの見聞録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる